歯ブラシの持ち方

みなさん、こんにちは (^_-)-☆)
さかの歯科、歯科衛生士のS,Mです。
毎日新型肺炎のニュースで不安な日々をお過ごしの方が多いと思います。
早くコロナウイルスが終息し、以前のように過ごしたいと思うばかりです。
さて、今回は歯ブラシの持ち方についてお話ししたいと思います。
みなさんは歯磨きをされる時、どのように歯ブラシを持たれてますか?
主な歯ブラシの持ち方は2つあります。
1つ目は パームグリップ
2つ目は ペングリップ です。
パームグリップとはギュッと握る持ち方です。ペングリップは鉛筆持ちになります。
どちらの持ち方が良いのでしょうか。
一般的にはペングリップの持ち方の方が良いとされています。
理由としては、余計な力が入らないのでブラッシング圧が強くならないからです。
また、細かい動作がしやすいので、小刻みに動かしやすく、小回りがききます。丁寧なブラッシングをすることができます。
パームグリップは、細かい動作はあまり向きませんが、ギュッと握る持ち方なので握力が低下している方や鉛筆持ちが苦手な方には持ちやすい持ち方になります。
基本的な歯ブラシの持ち方についてお話しさせていただきました。
2つのメリットを考えながら自分に合っている持ち方で歯磨きをしていきましょう!(^o^)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL