一般歯科

虫歯・歯周病を始め、様々なお口のトラブルの大半が一般歯科の分類に入ります。当院では、電動注射器などの最新の医療機器を取り揃え、「痛くない治療」を提供します。また患者様のレントゲンや口腔内写真などの大切なデータをコンピューターによって一括管理し、モニターに映すことにより「わかりやすく充分な説明」を心がけており、安心して通院していただける「かかりつけ医」として治療させていただいています。

予防歯科

他の生活習慣病とおなじく、予防が一番大切です。

「予防歯科」とは、これまでの「痛くなったら治療する」という考え方とは異なり、 「お口の健康を維持する」という歯科スタイルのことです。

歯を失う原因の74%は虫歯と歯周病(歯槽膿漏)です。 虫歯や歯周病という病気は、細菌感染によって起こることがわかっているため、予防できます。
当院では、虫歯や歯周病になってから治療を行うのではなく、お口の健康を維持していくことが大切だと考えています。予防歯科では、虫歯や歯周病の検査や噛み合わせのチェック、歯の清掃など患者さんに合わせたブラッシングの方法をご提案していきます。

予防歯科(メンテナンス)の効果とは?

グラフは、定期健診(定期的なお口のクリーニング)を受けている人は、年をとっても多くの歯を残していることを示すものです。 定期的なお口のクリーニングがむし歯や歯周病の予防に効果が大きいことは、科学的にも証明されています。

各国の定期検診率と残存歯数

欧米諸国の高齢者の残存歯数(残っている歯の本数)平均をご存知ですか。 80歳時で 日本 8.8本 、スウェーデン 25本です。スウェーデンと日本とでは、高齢者の残存歯になんと16本もの差があります。 その違いは一体何なのでしょうか?
調べてみると、定期検診を「受けている」のか「受けていない」のか の違いだということがわかってきました。歯科医療先進国であるスウェーデンやアメリカでは、定期検診の受診率が80 ~90%と高く、それに伴い80歳の残存歯数も高くなっています。一方、日本は受診率が2%とはるかに低く、残存歯数もわずか8.8本。 予防意識の違いは一目瞭然であり、残存歯数に大きく影響していることがわかります。

メンテナンスの手順

当院では、患者さんの年齢に合わせて、「お口のクリーニング」「治療後のアフターケア」として定期的なメンテナンス(予防)に特に力を入れています。

おとな編

「お口のクリーニング」では、歯の表面の歯垢や歯石だけでなく、歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)の汚れを丁寧に取り除きます。それによって歯の表面がきれいになり、つるつるになる(着色除去)だけでなく、健康な歯ぐきになってお口全体がさわやかになります。

  1. 1.初診インタビュー

    お口の中について:痛いところ、気になるところがあれば遠慮なくご相談下さい。
    歯科治療に対するご希望について:なるべく患者さんのご希望に添えるようにしています。
    生活習慣について:ひとりひとりに合った予防プログラムをご提案いたします。

  2. 2.歯周病・虫歯チェック・検査

    歯周病が悪くなっていないか検査し、新たに虫歯になっていないかチェックします。必要に応じて、レントゲン検査、口腔内カメラ検査を行います。その後、お口の中の状態についてご説明いたします。

  3. 3.歯垢・歯石の除去&歯周ポケットの洗浄

    固まってしまった歯垢(=歯石)を除去していきます。歯ぐきの上だけでなく、歯ぐきの溝(=歯周ポケット)の中に付いてしまった歯石も一本一本丁寧にクリーニングしていき、ポケットの洗浄を行います。さかの歯科での「歯垢・歯石の除去」は、麻酔や外科的処置(歯ぐきの切開など)を行いません。

  4. 4.PMTC

    さらに古い汚れやバイオフィルム(菌の巣)を機械のブラシを使って落としていきます。歯ブラシでは落としきれないこびりついた汚れを落としていきます。 

  5. 5.ブラッシングチェック

    歯垢や歯石がたくさん残っている所があれば、口腔内カメラで撮影します。専門的な勉強会で研修を受けた歯科衛生士が、院長推薦の歯ブラシを使って歯ぐきのマッサージをします。歯みがきの極意をお教えします。

  6. 6.口の中がすっきり、さわやか

    磨きにくいところの汚れまでとれて、お口の中がすっきり、さわやか。しかし、「お口のクリーニング」の効用はこれだけではありません!

  7. 7.メンテナンスは、歯周病の予防につながります

    定期的にお口のクリーニングをすることにより、歯槽膿漏(歯周病)を予防できます。またその進行を防ぐこともできます。さかの歯科では、スタッフ一同あなたの歯を守るお手伝いをします。患者さんの虫歯リスク、歯周病リスクによって異なりますが、、定期的に「STEP1」~「STEP6」までのメンテナンスを受けていただければ、虫歯や歯周病の予防につながります。

お子さま編

乳児期から小学校にかけての、お口のクリーニングによって、さかの歯科に来院される子どもたちの多くは、むし歯のない子どもに育っています。幼少期の大切な時期に、定期的なお口のクリーニングでむし歯のない人生のスタートを切りましょう。

  1. 1.初診インタビュー

    お口の中について:痛いところ、気になるところがあれば遠慮なくご相談下さい。
    歯科治療に対するご希望について:なるべく患者さんのご希望に添えるようにしています。
    生活習慣について:ひとりひとりに合った予防プログラムをご提案いたします。

  2. 2.歯周病・虫歯チェック・検査

    歯周病が悪くなっていないか検査し、新たに虫歯になっていないかチェックします。必要に応じて、レントゲン検査、口腔内カメラ検査を行います。その後、お口の中の状態についてご説明いたします。

  3. 3.シーラント

    虫歯は、とくに歯のかみ合わせにできやすいものです。その溝にむし歯予防のシーラント処置を行います。

  4. 4.歯垢・歯石の除去&着色の除去

    固まってしまった歯垢(=歯石)を除去していきます。(PMTCをしていきます。)古い汚れやバイオフィルム(菌の巣)を機械のブラシを使って落としていきます。歯ブラシでは落としきれないこびりついた汚れを落としていきます。

  5. 5.歯並び&歯の生え変わりの観察

    幼少のこの時期は、歯並びや歯の生え変わりが気になりますよね。もちろん、毎回異常がないかどうか、観察し、問題があれば早期に解決していきます。

  6. 6.ブラッシングチェック

    歯垢や歯石がたくさん残っている所があれば、口腔内カメラで撮影します。お母さんたちにお子さまの歯を守るためにいつも磨けていないところをチェックし、磨き方のポイントを指導します。

  7. 7.フッ素の塗布

    希望者の方には、お口全体に、フッ素塗布も行います。

  8. 8.メンテナンスは、虫歯や歯肉炎の予防につながります

    さかの歯科では、スタッフ一同あなたの歯を守るお手伝いをします。患者さんの虫歯リスク、歯肉炎リスクによって異なりますが、、定期的に「STEP1」~「STEP7」までのメンテナンスを受けていただければ、虫歯や歯肉炎の予防につながります。

フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗ることで、歯の表面のエナメル質を守り、むし歯菌(ミュータンス菌)の酸を作る働きを抑え、初期むし歯の修復し、むし歯になりにくい強い歯を作ります。就学前の小さなお子様のむし歯の予防におすすめの処置方法です。

フッ素の3つの効果

効果1.むし歯に強い歯質を作る

歯の表面のエナメル質を、細菌の出す酸に溶けにくい性質にします。特に 生えたばかりの歯は、たくさんのフッ素を取り込みやすい性質がありますので、特に効果があります。

効果2.初期むし歯の修復を助ける(再石灰化作用)

唾液中に含まれる歯の成分でもあるカルシウムやリンと一緒に、酸に攻撃された歯の表面にくっつき、 再石灰化 を助けて脱灰部分を元に戻そうとする働きがあります。

効果3.細菌の働きを低下させる

フッ素は虫歯の原因菌の働きを低下させます。細菌の働きが弱まると、酸の放出が減少し、歯の溶ける量も減ります。

シーラント

6歳臼歯(第1大臼歯)は6歳頃に生えてくる永久歯です。食事をする時に一番活躍するこの歯は、歯ブラシが届きにくいために、汚れがたまり虫歯になることが多く、最も寿命の短い永久歯の一つでもあります。子供の6歳臼歯の歯の溝はとても深く、虫歯の始まりはこの溝からが一番多いのです。そこでこの溝をフッ素を配合した樹脂で埋めることで浅くして、虫歯になりにくくする処置があります。これが「シーラント」と呼ばれるものです。

シーラントの写真

歯の溝は写真のように複雑でブラッシングでは 虫歯の予防不可能な部位です。特に6歳臼歯は複雑な形態をしています。

シーラントの治療手順
手順1

シーラントを埋める歯の清掃を行います

手順2

歯に薬を塗布します。この薬でシーラントが取れにくくなります

手順3

歯を水で洗います

手順4

歯の溝にシーラントを埋めます

手順5

シーラントを硬めるために光をあてます

シーラントを始める時期
  • 乳歯の奥歯が生えてくる3歳頃から
  • 6歳臼歯が生えてくる6歳頃から
  • 12歳臼歯が生えてくる12歳頃まで
シーラントをした後のお願い

シーラントは予防処置ですので、シーラントをしたからといって、必ず虫歯にはならないというわけではありません。ご家庭では、保護者のみなさんで仕上げ磨きを行い、食べたら磨く習慣をつけ、食生活の環境を改善して下さい。
きちんとブラッシングをして、シーラントがきちんとついているかなどの定期健診を受け、フッ素を活用したり、食生活でも注意して、総合的に予防することが大切です。

歯周病の予防

歯周病(歯槽膿漏)の予防には歯磨きがとても大切です。
しかし、時間をかけて丁寧に磨いても、完全に歯垢をとるということはできません。さらに歯石になってしまうと歯ブラシではとることはできません。歯医者で歯垢や歯石を定期にとること(メンテナンス)が最高の予防法です。