入れ歯・義歯

義歯(入れ歯)には保険適用の入れ歯と保険適用外の入れ歯(自費)の2種類があります。保険適用の入れ歯は保険が適用されるため、患者様の金銭的な負担を最小限に抑えることができます。
しかし、保険適用の入れ歯の場合は材質やデザイン、構造に細かい制限があります。最近では見た目(審美性)や快適さを求める方も増えてきました。そんな方におすすめなのが「自費の入れ歯」です。保険適用の入れ歯よりも良質な素材と高度な技術を用いるため、審美性がよく、ストレスが少ない、快適な入れ歯を作ることができます。

入れ歯(義歯)の種類

入れ歯も、年々技術が進歩してきています。
そこで、さかの歯科が取り扱っている最新の入れ歯をご紹介します。

金属床義歯

金属床義歯とは、強度に優れた金属を土台(床)に用いている入れ歯です。
レジン(プラスチック)を床にしている保険の入れ歯は、強度の確保のため厚くなりますが、金属床義歯の場合は強度に優れた金属を床にするため、薄くて軽い快適な入れ歯になります。
違和感も少なく、熱伝導率が良いので食べ物の温度を敏感に感じることができます。また、変形も少ないので、残存歯に対して、負担が少ないので、歯にとても良い入れ歯です。

磁石式入れ歯

磁石式入れ歯(マグネットデンチャー、マグネットアタッチメント義歯)とは、歯根に磁石を吸着させる『磁性金属(キーパー)』を接着し、入れ歯のほうに『超小型磁石』を埋めた入れ歯です。
使用する『超小型磁石』は、強力な吸着力があるので、動かない・はずれない・よく噛める入れ歯になります。また、一般的な入れ歯のような金属の留め具がないので、見た目もよく、とても自然です。
取り外しも磁石を使用しているので、とても簡単です。

シリコーン義歯

シリコーン義歯(シリコンデンチャー)とは、入れ歯の内面に弾性シリコーンというクッション材(軟らかい素材)を使った特殊加工技術を用いた入れ歯です。
弾性シリコーンが、入れ歯の内面を覆っているので、痛くない・よく噛める・はずれにくい入れ歯になります。
弾性シリコーンは、噛んだときにかかる力を入れ歯全体に分散させる構造になるので、入れ歯の裏装材として最高級な素材です。特に総入れ歯にお勧めです。

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯とは、金属の止め具のない入れ歯(義歯)です。金属がないので、審美的な面で非常に優れており、見た目の良い入れ歯をつくることができます。
通常の入れ歯と比べてか、弾力性に優れたナイロン樹脂で作られており、ひねってもねじっても割れないので安心して使うことができます。
日本では最近になって普及されましたが、アメリカでは50年以上の実績のある入れ歯です。

金属床義歯と磁石との融合させた入れ歯

◆「薄くて快適」「頑丈」・・・金属床義歯
◆長所がとても多い ・・・磁石式入れ歯

この2つの長所をかけ合わせた入れ歯です。

金属床義歯とシリコーンとの融合させた入れ歯

◆「薄くて快適」「歯に優しい」・・・金属床義歯
◆「痛くない」「よく噛める」・・・シリコーン義歯

この2つの長所をかけ合わせた入れ歯です。

金属床義歯とノンクラスプとの融合させた入れ歯

◆「薄くて快適」「頑丈」・・・金属床義歯
◆「審美性が良い」 ・・・ノンクラスプ義歯

この2つの長所をかけ合わせた入れ歯です。

保険の入れ歯

保険制度を適用してつくる入れ歯(義歯)には、材料や構造に制約があります。審美性、薄さ・適合性・頑丈・歯に優しい・良く噛めるなどの機能性は、自費の入れ歯(義歯)と比較するとどうしても劣ってしまいます。部分入れ歯の場合には、レジン(プラスチック)でできた床という土台の上に人工歯を並べ、それを金属のバネで固定するという仕組みになります。総入れ歯には、レジン(プラスチック)のみでつくるため、厚みが厚くなります。しかし、経済性を考慮すると、コストパフォーマンスに優れた入れ歯といえます。

詳しくは、こちらの専門サイトへ