歯ブラシの持ち方

みなさんこんにちは!

さかの歯科、歯科衛生士のM.Hです(*’ω’*)

 

前回のわたしのブログで歯ブラシの圧についてお知らせしましたが、今回もまたそのお話をしたいと思います。

 

ブラッシング圧は100g〜200gが適正と言われていますが、分かっていてもゴシゴシ強く当ててしまう方もいらっしゃると思います。

また、ご自分ではわからなくても歯ブラシが1ヶ月以内でバサバサに開くような場合はブラッシング圧が強すぎる可能性があります。

 

そのような方はもしかしたら歯ブラシの持ち方があまり良くないかもしれません。

 

パームグリップといい、歯ブラシを握り込む持ち方だと力が入りすぎてゴシゴシ磨いてしまう原因になります。

 

そのため基本的に歯ブラシの持ち方としてはペングリップ(鉛筆持ち)がおすすめです。

 

ペングリップのメリットとしては優しい力で磨ける点と、パームグリップに比べて細かな動きがしやすいので隅々まで磨ける点です。

 

それでもまだまだ力が入ってしまう場合には、下の写真のようにペングリップからさらに支える指を1本離すと良いかと思います。

 

ご自分の歯ブラシの持ち方と圧、今一度確認してみてはいかがでしょうか。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL