歯ぎしり装置

みなさん、こんにちは (^◇^)

さかの歯科、歯科衛生士のN,Kです。

日ごとに寒さが増してきましたが 皆さん、体調管理は大丈夫ですか?

さて、今回は、マウスピースについてです。歯ぎしり予防装置、顎関節の異常<口が開きにくい、顎ががくがく鳴る、>などの処置のひとつとして使われています。噛いしばりがきつく歯が擦り減ってきた、等の経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

スポーツ選手の中では プレー中、無意識にかなりの力で 噛いしばるため奥歯はもちろん、前歯まで欠けてきたり、すり減ってボロボロになるひとがいますが、いまはほとんどの選手は あらかじめ予防的に マウスピースを作成して使用しているようです。

もしかして、、、と思われる方は一度 歯科医院で診てもらって下さい。通常、お口の型取りだけで作成できますし、勿論保険診療が 適用されます。

歴然と症状が回復される方も 多いようです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL