奥歯について

みなさん、こんにちは (*´∇`)

さかの歯科・歯科技工士のS,Nです。

前回、前歯のお話をさせていただいたので、今回は奥歯のお話をさせていただきます。

前歯のお話とは?

奥歯には手前から小臼歯と大臼歯があります。

小臼歯は上下顎左右に2本ずつ計8本あります。
手前を第一小臼歯、奥を第二小臼歯と言います。

小臼歯には、上下の咬み合わせを決める要素があります。歯の形に、下アゴが不必要に後ろに下がらないようにするストッパーの形が刻まれているのです。

生えだす時期は約、上顎第1小臼歯が9~10歳、下顎第1小臼歯 10歳、下顎第2小臼歯 10~11歳、上顎第2小臼歯 10~12歳です。

大臼歯は上下顎左右に3本ずつ計12本あります。
手前から、第一、第二、第三大臼歯と言います。最後方の第3大臼歯(親知らず)は退化傾向にあり、生えないこともあります。

他の歯に比べて噛合面が広く,食物をすりつぶすのに適しています。生えだす時期の年齢は約、第1大臼歯6~7歳,第2大臼歯 11~14歳,第3大臼歯 18~24歳になります。

歯にはそれぞれ役割がありますので、そちらについてもまたお話させていただけたらと思います(^^)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL