市販の痛み止めは虫歯を治せる 

歯が痛くなると、とりあえず市販の痛み止めの薬を飲んで歯医者に行かない方もいらっしゃいますが、、市販の痛み止めの薬で、虫歯を治せるのでしょうか?

もちろん、歯の痛み止めとしてよく効く薬もあります。このような薬の多くは、鎮痛作用だけでなく消炎作用も持ち合わせているので、ある程度の歯の痛みを抑制することができます。

ただし、痛み止めの薬はあくまでも一時的に痛みを抑えるだけです。つまり、根本的な解決ではありません。痛み止めの薬の効果はほとんどの場合、6時間もたつと切れてきます。そしてまた痛んできます。

痛み止めの薬が切れても、痛みが出なくなる場合もあります。多くの場合、虫歯がもさらに進行して、痛みを感じない段階になってしまっているだけです。このような場合は、状況はさらに悪化していており、怖い段階に入っているということです。

痛みが再発したら、また痛み止めの薬を飲むということを繰り返していると、本当に虫歯の状況がますます悪化していきます。

やはり、虫歯は痛くなったらすぐに歯医者さんに行くましょうね。

(痛みの出ないうちに行くのがもっといいんですけどね。)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL