銀歯の作り方②

みなさん、こんにちは (^◇^) 

さかの歯科、歯科技工士のS,Nです。

今まで紹介してきました銀歯を作る工程ですが、今回完成する所まで紹介していきたいと思います。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
隣在歯との接触状態を調整していきます。
強過ぎても、弱すぎてもいけません。
 
強いと入らず、弱いと歯の間にものが詰まってしまいます。
赤い咬合紙という専用の紙で接触部に印をつけていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
赤い印のついたところを削って調整していきます。
削っては咬合紙で印を付けを繰り返し適切な接触状態にしていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
同じく、噛み合わせの面も咬合紙を噛ませて高さの調整をしていきます。
口の動きを再現して、上下左右にも模型を動かし調整していきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
調整が終わると研磨をしていきます。噛み合わせの面の溝なども細かい器具を使い丁寧に研磨していきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
研磨も終わりこれで完成です!
 
如何でしたでしょうか⁉︎(^^)
1つの歯を作るのも思ったより大変だと思いませんでしたか?
虫歯にならないよう日々のデンタルケアに取り組んでいきましょう^_^

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL