舌磨きを取り入れましょう

みなさん、こんにちは(^O^)

さかの歯科、歯科衛生士のH.Tです!

 

今日は舌磨きの重要性についてお話していきたいと思います。

 

みなさんは、歯を一生懸命磨いているつもりなのに口臭がする、ネバつきが取れていない感じがする、ということはありませんか。

その原因は「舌に汚れが付いているから」かもしれません。実は、口臭の原因の6割は舌の汚れと言われています!

 

一度鏡で自分の舌を観察してみてください。

舌の上に白い汚れが付いていましたか?

これは舌苔といって細菌や細かな食べカスなどが苔状に舌にこべりついた状態をいいます。

そこでいつもの歯磨きに取り入れていただきたいのが「舌ブラシ」です。コロナの影響で健康志向の方が増えたのか、最近はドラッグストアでもたくさんの種類の舌ブラシが売っています。ぜひ合うものを見つけてくださいね。やり過ぎは禁物ですが、舌磨きを行うと清潔になるだけではなく、舌苔に被われていた舌の表面にある味覚を感じる器官が綺麗になり味を感じやすくなるといったメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も歯科衛生士になってからどうやったら100%汚れがない状態に近づけるか、とよく考えていますが、舌にたくさん汚れが付いていると知ってから定期的におうちで舌磨きを取り入れるようになりました。 お口の中もさっぱりして、見た目にも舌が綺麗なピンク色になりとても嬉しいですよ。

 

みなさんもぜひ、普段の歯磨きに舌磨きを取り入れてみてはいかがでしょうか(*^^*)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL