咬合器について

みなさん、こんにちは (*´∇`)

さかの歯科・歯科技工士のS,Nです。

今回は差し歯や入れ歯を作るときに使用する『咬合器』について簡単に説明していこうと思います。

差し歯を作るにはまず虫歯になっているところを削りその後、歯型の印象をとり歯列模型を作ります。その後、上下顎の歯列模型を噛み合わせて咬合器に装着します。

装着するとこのようになります。

咬合器に装着することにより口腔内の様々な噛み合わせ、歯ぎしりを再現します。

人それぞれ噛み合わせてや歯ぎしりが異なる為、口腔内の動きを咬合器につけることにより予測して差し歯や入れ歯を作っていきます。

これからも、歯科技工についてブログにあげていきたいと思います(^^)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL