お風呂でのながら磨きについて

みなさん、こんにちは *\(^o^)/*

さかの歯科、歯科衛生士のM,Hです。

12月に入ってからも暖かい日が続いていましたが、
ここ数日で冬らしい寒さがやってきましたね!
急な温度変化で体調を崩されないよう気をつけてくださいね。

さて、そんな寒い日には温かいお風呂に入るとホッとできますよね(*゚ー゚*)

今回はお風呂に入りながらの「ながら磨き」をご紹介します。
実は入浴時に歯磨きをすると様々なメリットがあるんです!(^-^)

お風呂に浸かってリラックスした状態だと副交感神経が優位になりサラサラした唾液が多くなります。
唾液が増えるとお口の中の汚れを洗い流す自浄作用が高まり、むし歯や口臭を防ぐ役割を果たします。

また、唾液の中に含まれる「パロチン」は若返りホルモンとも呼ばれ、新陳代謝を活発にしたり胃や腸の働きを助けたりと様々な効果があると言われています。

身体が温まると血行も良くなるので歯茎のマッサージを一緒にするとさらに効果的です(^-^)

このようにお風呂に浸かりながらの歯磨きにはいいことが沢山あるんです!

ただし、お風呂の温度が熱すぎるとのぼせてしまうので少しぬるめのお湯にじっくり浸かるといいですね!
また、歯磨き粉をつけるとお口の中が泡だらけになってゆっくり磨きにくくなるので、入浴時は何もつけずに歯磨きすることをおすすめします(^-^)

ぜひお試しくださいね!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL