銀歯が取れた!

せっかく治ったと思ったのに、時間が経って銀歯が取れた経験はありませんか?

もし、取れてしまったら、放置しているのは一番よくないので、必ず歯医者さんに行きましょう。

ところで、どんな問題があるか考えてみましょう!

銀歯がとれる理由として、

(1)ガムなど粘着性の高いものを食べることが多い人
皆さんのご想像通り、分かますよね。
そういったものを食べると比較的取れやすいですね。

(2)治療して治した歯が、再度虫歯になった。
せっかく治療した歯ですが、虫歯になると銀歯は取れてしまいます。

(3)治療して治した歯自体が折れたり、ひびが入った。
歯自体が折れたり、ひびが入ったりすることがあります。歯根まで折れると抜歯になることもあります。

(4)セメントが劣化した。
なるべく起こってほしくないですが、これが原因の時もあります。
これはどちらかといえば歯医者側の責任になりますね。
銀歯を合着する際に、何かしら問題があったのかもしれませんね。

まあ、こんなところでしょうね。このような原因で銀歯がとれてしまうんですね!

一番大切なのは、銀歯がとれてそのなまま放置していると、虫歯がなくても必ず虫歯になってしまいます。

それは銀歯を入れておくことで歯を守っていたからです!

なるべく早く歯医者さんを受診して、重症化を防ぎましょう!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL