詰め物を減らそう!

歯医者へ行くのは、歯が痛くなったら!という方も多いと思います。

歯科医師の立場からアドバイスをするとしたら、

『歯に穴が開いてからむし歯を見つけるのではなく、穴が開く前に初期段階のむし歯を見つけ、予防処置や歯磨き指導を併用して、詰め物をした歯を減らしましょう』

むし歯とは、突然歯に穴が開くわけではありません。

初期段階として、歯の表面のカルシウムやリンが溶けて、歯の表面がうっすらと白くなります。この初期段階のむし歯に気が付き、予防をして進行を止められれば、削って詰め物をする必要がなくなります。

しかし、この初期段階のむし歯を患者さんが自分で見つけるのはとても難しいのです!!

そのため、定期的に歯医者に通い、白濁状態の初期段階のむし歯を見つけ、その原因を取り除いてお口の中から詰め物を減らしましょう。歯医者は痛いときに行く!ではなく痛くなる前に定期的に通い歯を守っていきましょう!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL