親知らずの抜歯

「親知らずを抜かなくてはいけない」と思いつつ、そのままにしていませんか?

親知らずを抜歯する適正年齢の一つは、20歳前後といわれています。

なぜ、20歳前後に抜くのがいいのでしょうか?

①骨や歯茎の治りが早い。

抜歯後、親知らずがあった部分は、骨や歯茎が抜いたところから盛り上がってきて、傷口が治ります。
20歳前後は、回復力が活発な年齢なので、治りがとても早く、また腫れや痛みが引きやすいです。

②親知らずの横の歯が虫歯になる前に抜く。

以前のブログでもお話ししましたが、親知らずは斜めに生えてくることが多いんです。
そうすると親知らずのとなりの歯との間に虫歯ができてしまいます。
レントゲンを撮ってはじめて気がつくことも多いです。
親知らずの横の歯が虫歯になる前に抜歯したほうがいいのです。

③矯正治療をした方は、親知らずによって歯並びが以前の状態に戻る。

親知らずが残っていると、奥歯から前の歯に力がかかってしまうことがあります。
そうすると前歯の歯並びが再度悪くなることがあります。

④妊婦、出産時に抜歯できない

妊娠や出産時には、抜歯できない期間があります。
また抗生物質等の服用も必要になります。
そのため、女性の方は20歳前後に親知らずを抜歯しましょう!

しかし場合によっては、親知らずを残しておいたほうがいい時も多くあります。

歯科医院で判断してもらいましょう!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL