虫歯は感染する病気

少し大げさな言い方かもしれませんが、「虫歯は感染する病気」です。そして、これを認識している方はほとんどいないと思います。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌はまったく存在していません。しかし様々な経路により、赤ちゃんの口の中に虫歯菌が入り込み、感染してしまいます。

感染する主な経路は、食事の際の際に起こります。

赤ちゃんの身近な大人、つまり両親や祖父母、兄弟が使ったお箸やスプーン、コップやストローから感染すると思われます。

特にいちばんお世話をすることが多いお母さんから感染することがほとんですので、「虫歯は母子感染」であるといわれています。

また、生後1歳6ヶ月から2歳6ヶ月の1年間が特に注意が必要な時期といます。特にこの時期は、感染の窓と呼ばれており、特に重要な時期といえます。

しかしこれをあまり気にし過ぎるのもいけないですね。赤ちゃんとのスキンシップと大切ですから、、、、

つまり、重要なのは、周囲の大人が正しい知識を持ち、歯周病や虫歯がない口腔環境を保つことが一番大切と思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL