痛くなった歯を放っておいたら、治った?

痛くなった歯を放っておいたら、自然に治ったとはどういうことでしょうか?

これは、いろいろなケースが考えられます。

その①.一時的な知覚過敏あるいは歯髄の充血程度の炎症の場合

痛みがおさまればそのままで問題はありません。

その②.歯髄の達する深い虫歯の場合

このようなケースの場合、痛い時期を通り過ぎると痛みがなくなってくることがあります。

これは治ったわけではなく、歯髄が死んで、痛いという感覚がなくなってしまったということです。このままさらに放っておくと、根の先にまで最近が侵入して、根の先に膿みがたまってしまい、とてもやっかいなことになります。腫れが出ることもあります。当然治療期間も長くなります。

その③.歯周病の急性の炎症で腫れて痛みが出た場合

歯茎が腫れて膿みがたまっている場合、膿みが自然に破れて外に排出されると、痛みがなくなることがあります。しかし、これを放置しておくと、歯周病はさらにすすんでしまい、歯を支える歯槽骨がますます溶けていきます。そして腫れと痛みをくりかえしながら、最終的には歯が抜けてしまうことになります。

①以外は自然に痛みがなくなったとはいっても放っておくと、将来大変なことになってしまうのです。

とにかく、少しでも痛くなったら、あるいはおかしいなと思ったら、専門家の歯医者さんにいって診てもらうしかないと思います。自己判断は、やめましょうね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL