朝起きたら歯や顎が痛い!

朝起きたら、歯や顎が痛くなった経験はありませんか?

この症状は、就寝中に【歯ぎしり・くいしばり】をされている人によく出る症状です。

就寝中の歯ぎしりは、意識のないところ(無意識下)で発生するため、ご自身が気付かない間に歯が削れたり、ヒビが入ることがあります。この癖は実は恐ろしい習慣といえます。また歯周病にも深く関係していることもあります。

常に上と下の歯は少し離れているのですが、くいしばりの方は、ずっと上下の歯が接触しているので、歯やあごにすごく負担がかかってしまいます。

無意識下での【歯ぎしり・くいしばり】の接触癖を治す方法はありませんが、【歯ぎしり・くいしばり】の悪影響を少なくすることはできます。つまり、歯を守ってあげる装置をお口の中に装着する治療が主流となります。

 

この装置は、お口の中の型をとるだけで製作することができます。そして、保険適応でもあるため、一度歯医者さんに相談しましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL