新型コロナウィルス感染症対策

皆さん、こんにちは ( ^^) _U~~

さかの歯科・副院長の坂野美恵です。

天候が定まらない気候ですね。
日によって変わる気温変化に、みなさま体調を崩されていませんでしょうか。くれぐれもご自愛ください。

 

さて、まだまだ新型コロナウィルス感染者が減りませんが、当院ではこれまで通り、マスクやグローブの着用、器具の消毒、滅菌、換気を徹底し、院内の感染対策をしっかりと行っていきます。

 

換気に関しては、CO2測定器を使用し、しっかりとした数値、データに基づき、「換気の見える化」を図ることで、院内の安全性を高めております。

昨今、新型コロナウィルス感染症の飛沫感染を防ぐために、換気の重要性がより高まっているのは皆さまもご存知かと思います。

ですが、実際しっかりと換気ができているかの判断が難しいのが正直なところです。

 

そこで、写真のCO2測定器を使用すれば室内の二酸化炭素濃度の数値が見える化できるため、換気の効果が目で見てわかるというわけです。

 

では、具体的にしっかりと換気ができている状態とは、室内の二酸化炭素濃度が外気の二酸化炭素濃度に近いだいたい800ppm以下が理想だと言われています。

その点、写真を見ても分かる通り、当院ではしっかりとCO2測定器の数値をもとに換気を行うことができています。

 

このように当院では、患者さまに安心してご来院いただくために、気を緩めることなく、引き続き感染症対策に力を入れて参りますので、今後とも当院をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

医療法人さかの歯科
〒610-1146 京都府京都市西京区大原野西境谷町2−14-13
洛西ニュータウン 境谷センター商店街内
TEL:075-331-7070
URL:https://sakanoshika.com/
Google情報:https://g.page/r/CfLjKV1yR4GCEAE

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL