口呼吸はキケンがいっぱい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。院長の坂野です。
暑い夏が終わるとやってくる食欲の秋。
ぶどう、マツタケ、栗、サンマと
秋は収穫を迎える食材も多く
食べものがおいしい季節でもありますね!

 

ですが、

 

そんな「秋の味覚」を楽しめなくなるかもしれない
『悪習慣』があります。

 

 

 

 

  旬の食材が増える実りの秋に備えて、

今回は味覚障害のリスクを高めてしまう

「口呼吸」についてお話させていただきます。  

 

 

 

 

◆口呼吸と鼻呼吸の違いとは? 

 

普段、私たちが無意識のうちに行っている呼吸法には

・口呼吸

・鼻呼吸

の2種類があります。

 

 

 基本的に、哺乳類が行う正しい呼吸法は

鼻から吸って鼻から吐く『鼻呼吸』で、

口呼吸を行うのは人間だけです。  

 

犬が「ハアハア」と

口で息しているのを見たことがあるかもしれませんが、

あれは『パンティング』といって、

汗をかけない代わりに

体温を下げようとするときなどに見られる行動。

 

酸素はほとんど肺に送られていないようで、

正常な状態であれば、やはり鼻呼吸を行っているのです。  

 

人間が口呼吸を獲得したのは、

言語を発するようになった影響だといわれています。    

 

 

しかし、

口呼吸はあまり良い呼吸法とは言えません。

 

 口呼吸をしていると冷たく乾いた空気とともに、

細菌やウイルスなどの異物が直接肺に入ってしまうため、

鼻呼吸に比べて、病気にかかりやすくなります。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆口呼吸はむし歯や歯周病の原因に…  

 

口呼吸による影響は、それだけではありません。    

 

 

本来、お口の中の「だ液」は、

細菌や汚れを常に洗い流してくれています。  

 

しかし、

口呼吸を続けていると

だ液が少なくなり乾燥状態に。  

 

それによって むし歯や歯周病の原因菌が

繁殖しやすくなります。    

 

 

むし歯が進行すれば、

ズキズキとした耐えがたい痛みに襲われますし、

むし歯が神経に達すると神経の治療も必要になります。  

 

また、歯周病は気づかないうちに進行しやすく、

放置していると

歯が抜け落ちるほど重症化してしまうことも…。        

 

 

 

 

◆口呼吸による、さらなる悪影響  

 

口呼吸による影響は、他にもたくさんあります。

 

・口臭の原因になる

・歯並びが悪くなる

・味覚障害を引き起こす

・いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因になる  

 

このように様々なトラブルを招くため、

口呼吸をしている方は、

ぜひとも鼻呼吸に改善していきましょう。        

 

 

 

 

◆「あいうべ体操」で脱!口呼吸  

 

それでは、実際に口呼吸を改善するためには

どうすればよいのでしょうか?  

 

専門の治療を受けたり、

矯正器具を使うといった方法もありますが

まずはご自宅でも簡単にできる

「あいうべ体操」をご紹介したいと思います。

 

1.「あー」と口を大きく開く

2.「いー」と口を大きく横に開く

3.「うー」と唇をとがらせ、口を強く前に突き出す

4.「ベー」と舌を突き出し、下に向けて伸ばす

1~4を1セットとし、

毎食後に10セット繰り返します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舌や口周りの筋肉を鍛えることで、

口が不意に開くことを防ぎ、口呼吸の改善の他、

いびきや誤嚥(ごえん)の予防効果も期待できます。  

 

ぜひ毎日の習慣にしてみてくださいね。

 

医療法人さかの歯科
〒610-1146 京都府京都市西京区大原野西境谷町2−14-13
洛西ニュータウン 境谷センター商店街内
TEL:075-331-7070
URL:https://sakanoshika.com/
Google情報:https://g.page/r/CfLjKV1yR4GCEAE

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL