ピリっとしみる知覚過敏について

こんにちは。院長の坂野泰造です。

 

だんだんと季節が移り変わり、
寒さを感じる日も増えてきました。

体調を崩しやすい時期になりますので、
皆さまも十分ご自愛ください。

 

さて、皆さま『知覚過敏』についてはご存知でしょうか?

知覚過敏とは、歯ブラシの毛先が触れた時や、
冷たい飲食物、甘いもの、風にあたった時などに、
歯がピリッとしみる一過性の痛みで、
特にむし歯や歯の神経(歯髄)の炎症などの
病変がない場合にみられる症状をいいます。

 

写真のように、
通常エナメル質に覆われているはずの
象牙質が露出してしまうと、
刺激が神経に伝達されやすくなり、
知覚過敏が生じるようになります。

 

歯科医院では、露出した象牙質の内部にある
小さなすきまをふせいで、
歯の神経への刺激の伝達を遮断し、
知覚過敏をなくすことができます。

 

ピリッとしみる痛みを感じたときには、
ぜひ早めにご相談にいらしてください。

 

 

医療法人さかの歯科
〒610-1146
京都府京都市西京区大原野西境谷町2−14-13
洛西ニュータウン 境谷センター商店街内
TEL:075-331-7070
URL:https://sakanoshika.com/
Googleマップ:https://g.page/r/CfLjKV1yR4GCEAE

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL