ドライマウス

ドライマウスとは、唾液が分泌されずに口の中が乾いてしまう状態のことを言います。

正式には、「口腔乾燥症」と言います。

唾液はとても重要な働きをしています。口内を中和し、食塊を洗い流して、虫歯、歯周病を予防してくれます。しかし、口内の唾液が少ないと虫歯や歯周病になりやすくなります。

ドライマウスの原因には、水分補給が足りないこと以外にも様々な原因があります。

①口呼吸・飲酒・喫煙・ストレス・内臓疾患

②薬の副作用・加齢

そしてドライマウスの症状、つまり唾液の分泌が少なくなってきたら、内臓疾患の可能性を疑ってみる必要があります。

<予防方法>

まず、たくさん噛んで食べるようにしましょう。そうすると、唾液の分泌も良くなり、ドライマウスを予防することができます。

また、普段から鼻呼吸を心がけましょう。そして、睡眠中は、口呼吸をしている人が多いので、寝る時にマスクを着用するのも一つの方法です。そうすれば、ドライマウスの症状を抑えるとこができます。

また、飲酒を控える、禁煙する、ストレスがかからない生活を心がける、などがよいでしょう。す

最近、「口の中がやけに乾く」など気になる方や、お心当たりのある方は、さかの歯科にお気軽にご相談ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL