サブジンジバルカントゥア

先日、徳島大学同窓会京都支部の例会があり、その後「審美修復におけるサブジンジバルカントゥアのとらえ方」という演題の講習も聞いてきました。

一般の方には、少し慣れない用語でしょうね。

サブジンジバルカントゥアとは、歯肉溝内から歯肉縁までの歯肉縁下部の歯冠修復物の形態のことをいいます。

もっとわかりやすく説明すると、歯ぐきの中のかぶせものの形態をどのようにするべきかというすこしマニアックな話です。

でもなかなかこだわるとおもしろい?難しい?分野になるので、興味を持って講習会を聞くことができました。

実は、このかぶせものの形態が、歯周病のメンテナンスに大きく関係してくるところとなります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL