エナメル質形成不全症とは?

エナメル質形成不全症とは、エナメル質が先天的にもろい状態の歯のことをいいます。

好発部位としては、永久歯の前歯と6歳臼歯にみられることが多いといわれています。

審美的な特徴としては初期虫歯の白濁と似ているのですが、初期虫歯とはすこし違った色をしています。少し違ったマット感のある色、そして黄色っぽい変色がその特徴です。

以前より一定数の存在があると言われていましたが、近年の調査の結果、10%のお子さんにエナメル質形成不全症が見つかっております。

エナメル質形成不全の原因は、まだよくわかっておりませんが、歯ぐきから萌出する以前の顎骨の中での発育段階でエナメル質が十分に成熟しないことによって起きると考えられています。

また、エナメル質形成不全症になると、通常よりも虫歯になりやすく、歯が欠けやすくなります。

このエナメル質形成不全症を早期に発見でき、歯科医院で的確な処置を受けると、虫歯になっていくのを予防できる可能性があり、安心できると思います。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL