歯科用樹脂

みなさん、こんにちは (^◇^)

さかの歯科、歯科衛生士のN,Kです。

ようやく残暑も終わりましたが、大型台風を含め本当に今年は厳しい気候が続きました。被害に遭われた方々、お悔やみ申し上げます。

さて少し前になりますが、恥ずかしい話ですが、食事中に鯛のほねを思い切り噛んでしまい、小臼歯の一部が欠けてしまいました。

歯科用樹脂を詰めて治り、一安心。。。。。

ところで私が衛生士になりたての頃は 今のものとは全然異なるもので2種類の柔らかいペースト状を練和し、化学的な反応で固まらせただけの白い詰め物で、取れやすかったイメージが強かったです。

現在ほとんどの歯科医院で使われているのは、1種類のペーストに特殊な光を充てて瞬時に硬化に至る非常に便利なものとなってます。

前歯の治療などで処置を受けられてる方も多いと思います。

歯科に限らず、医療はあらゆる分野で次々と 画期的な研究、発明ガされています。

患者さんの皆さんに 少しでも楽で安心出来て、なおかつ正確な治療が受けられるように、日々願います。

でもやっぱり一番いいのは悪い歯を作らないこと、皆さん歯磨き頑張りましょうね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL