歯科医院でメンテナンスをしなかったら -PART4-

皆さん、こんにちは。(^_-)-☆

さかの歯科チーフのJ・Nです。

これまで、このテーマでブログを書かせていただいてきました。

前回のブログはこちらになります。(歯科医院でメンテナンスをしなかったら -PART3-)今回で、4回めになります。

メンテナンスをしなかったら -PART3-

今回は、入れ歯をお使いの方のメンテナンスについて、書かせていただこうと思います。
 
部分入れ歯の方は、入れ歯と自分の歯、両方のケアが大切です。
入れ歯は、自然の歯のように、虫歯や歯周病にはなりませんが、食事をすれば、食べかすが付き、歯垢や歯石、着色(ステイン)が付いていきます。
そうした汚れや細菌が、入れ歯の嫌な臭いの原因の一つにもなります。
 
なので、入れ歯をされている方については、メンテナンス時には、残っている歯のチェックとクリーニング、プラス、入れ歯に汚れが付いていないか、歯石や着色があれば、クリーニングをします。
 
そして、
❶入れ歯の破損はないか、
❷バネの緩みはないか、
❸人工の歯の擦り減りはないか
❹入れ歯のがたつきはないか、
❺きちんと噛めているか、
などのチェックをさせていただいています。
 
メインテナンス
歯茎は、年齢とともに徐々に衰えます。
これは、体のどの部分でも同様におこる生理現象です。

 

入れ歯の下の歯肉、顎骨は、健康な方でも吸収して痩せていきます。
 
入れ歯を作った時には、具合がよかったのに、使っている間に、入れ歯が当たって痛くなってきたというのは、それが原因です。
 
そして、入れ歯の材料は、年月とともに劣化します。
 
人工の歯の部分は、毎日噛んでいると、だんだんすり減ってきます。
 
合わない入れ歯を使い続けていると、顎の骨や歯茎は痩せてしまいます。
そのため、入れ歯と歯茎のすき間は、どんどん広がり、ますます安定しなくなります。
 
それに、頭痛やこり、耳鳴りの原因になってしまうこともあり、メンテナンスを行わなければ、健康面にも影響を及ばすこともあります。
 
総入れ歯の方も、部分入れ歯の方も、早めにトラブルを見つけて対応し、良いコンディションで、快適に長く使用するために、ぜひ定期的なメンテナンスをおすすめします。
 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL