歯垢の磨き残しを確認するために使用する染色液をご存知ですか?

みなさんこんにちは(^-^)
さかの歯科、歯科衛生士のM、Hです。

今日はプラークチェッカー(歯垢染色液)のご紹介です。

プラークチェッカーとは磨き残しを確認するために使用する染色液のことです。
ネットでも購入できますし、薬局やスーパーでも取り扱いしているので歯磨きコーナーをチェックしてみてください。

ちなみにわたしは、試供品としていただいたこちらの商品を使っています。

歯垢染色液

 

 

 

 

 

 

 

プラークチェッカーは錠剤のものと液状のものがあります。
錠剤のものはお口の中で噛み砕いて舌で薬剤を歯牙全体に行き渡らせます。
液状のものは綿棒に染み込ませて歯牙に塗りつける方法、舌下に直接滴下して染め出す方法があります。
染め出したあとにうがいをして磨き残しをチェックしていきます。

必ず汚れてもいい服装で、うがいする時にはお水をそっと吐き出してください。
お洋服に染色液が飛んでしまうと落ちづらいのでご注意を!

唇のまわりも一緒に色がついてしまうので染め出す前にワセリンやリップクリームを塗っておくと安心です。
多少は色がつきますが1〜2日で自然と綺麗になります。

あとは鏡を見ながら磨き残しをチェックしていきます。
奥歯などの見えづらいところは小さな鏡を使うと分かりやすいです。

薄く染まっているところはペリクルといって唾液由来の皮膜が染まっているだけので、濃く染まっている歯垢の部分に注目して丁寧にブラッシングしてみてくださいね。

まだまだ続きそうなおうち時間のおともに、丁寧にブラッシングしてみるのはいかがでしょうか。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL