咀嚼について

みなさん、こんにちは (・ω・)/

さかの歯科・歯科衛生士のM,Hです。

人間の食べる機能は、生後数年間にわたって準備、獲得されるものです。理想的な食べ方は”ゆっくりよく噛んで食べる”事です。

子供たちがよく噛んで食べる為には、周りの大人の接し方や、どんな食べ物を食べるなかが大切です。

より健康な食べ方を子供たちができるといいですね。

・目で食べ物を見て認識→唾液が出て消化の準備がされます。

ながら食べ・孤食は良くない理由の一つです。

食べることにしっかり集中して食べる準備を整えましょう(*^^*)

・咀嚼(そしゃく)

唾液と混ぜて食塊をつくる。→固すぎるもの、薄い食べ物はNG。発達に合わせて、調理したものを食べましょう(*^^*)

食べ方の習慣は年齢と共に改善しにくくなってしまうものなので、幼児期にしっかりとした食べる機能を育てることができるといいですね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL