入れ歯の種類について②

みなさん、こんにちは(*^-^*) 歯科技工士のS、Nです。
 
今回も入れ歯の種類についてお話しさせていただきます^_^
 
【シリコンの総入れ歯】
入れ歯の意味
 
シリコンの総入れ歯は、歯肉に接触する部分がシリコンでできています。メリットとしては、シリコン自体には軟性があので薄く作れることができます。また、シリコンで作った入れ歯は、口の中でフィットしやすく外れにくくなります。噛む時の痛みや歯肉への負担が少なくなり、金属アレルギーも気にしなくていいといった特長があります。
デメリットは、金属床の入れ歯と比べ、シリコン自体は経時的に弾性が下がってしまうので、劣化が弾性が進み、噛み合わせがずれてくるなどが考えられます。
 
【磁性アタッチメント入れ歯】
 
入れ歯の写真
虫歯が大きくなり、歯の根っこだけになってしまった時やインプラントがある時は、その場所に磁性金属という磁石がくっつく金属を入れ、入れ歯にも磁石が入るので、磁石で安定する入れ歯を磁性アタッチメント入れ歯と言います。
 
磁性アタッチメントの入れ歯は、磁石の力も利用するため、安定感が増すので外れにくくなり、噛む力も強い入れ歯が出来ます。
 
デメリットとしては歯が残っていなかったりインプラントがない場合には利用ができなくなります。
 
このように入れ歯といっても多様な種類がありますのでお口の状態に合わせた入れ歯を選んでいただく事をオススメします(^^)またわからない事は当院までご相談下さい♪

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL