人工歯について

みなさん、こんにちは (*´∇`)

さかの歯科・歯科技工士のS,Nです。

今回は入れ歯の人工歯について説明したいと思います。

入れ歯を作るときによく使われる人工歯は硬質レジンという歯科用のプラスチック材料を使用し作られています。また、人工歯にも形態やサイズがたくさんあり、その中から患者さんに合う人工歯を選択して排列していきます。

特に前歯の人工歯を選択する時には入れ歯の自然観を表すために患者さんの性別、年齢を考慮し選択します。

入れ歯を見ることによって、それを使用している人が男性か女性か、若年者か高齢者かなども判別できるようになります。

以前に歯の形態を紹介したように、女性のほうが歯が丸みがあり小さく、男性は大きくて角ばる傾向があります。増齢的には物を噛むことにより歯のすり減り(咬耗)が著名になります。

私も技工士として審美的かつ機能的な歯を作っていきたいと思います(^_^)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL