マスクホルダーを作ってもらいました。

みなさん、こんにちは (p*・ω・)p
さかの歯科・チーフのJ,Nです。

院長先生が、コロナ感染対策として、選んでくださったKn95マスクは、しっかり顔にフィットするタイプの物なのですが、ゴムがきつめで耳が痛くなるので、私は我慢して使用していました。

先生は、すぐにネットで見つけたという、マスクホルダーを使っておられました。

それから一週間程後に、衛生士のY.Tさんが、おしゃれなホルダーを使っているのをみて、「どこで見つけてきたんだろう?いいなぁ」
と、秘かに思っていました。

後で知った事なのですが、彼女は、先生のマスクホルダーを見て、これは自分で作れるかもしれないと思い、ベルト部分はかばんの持ち手、そのままでは長過ぎるので、短く切り、それとつなぐ金具を探して、それにさらにヘアアクセサリーを付けて、おしゃれにアレンジしたそうです。

マスクホルダー

なので、よーく見ると左右対象ではないけれど、アイデアにビックリです。

ある日、私と他のスタッフとの会話で、私の、耳が痛くなるという言葉を聞いて、私のために材料を揃え、作ってくれたのです。

ひも部分は靴ひも、他の部分も手芸店や小物店で、一つ一つ選んで、組み立ててくれたそうです。

まず靴ひもを鋏む金具、マスクのひもにかける輪っか、その2つをつなぐ金具ひもの長さを調節する丸いプラスチック製の物を、組み合わせて作ったと聞いて、驚きました。

アイデアと、一つ一つ揃える根気強さは、なかなか真似ができないなと思いました。

彼女のおかげで、長時間付けていても、楽で、ストレスを感じず、仕事中は、いつも使わせてもらっています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL