60才を過ぎて親知らずが出てきた

『60才を過ぎて親知らずが出てきた』

そういわれる患者さんに、まれですが、遭遇します。

ほとんどの場合、親知らずの手前の歯が抜けてしまい、今まで隠れていた親知らずの存在がわかるようになったためです。

ただし、こういった場合の親知らずですが、今後どんどん出てくることはほとんどありません。

つまり親知らずが低い位置でとどまったままで親知らずが出てくるように見えるのは、親知らずの周囲のハグキが下がってくるからです。

通常親知らずの歯根が完成するのは、20才ぐらいまでである、60才という年齢を考えると歯を支えている骨の代謝も落ちている、などの理由から、今後親知らずがグングン出てくる可能性とは少ないと考えられます。

だから、周囲のハグキが炎症を起こしたり(歯周病になったり)、親知らず自体がムシ歯になっていたなどが無ければ、経過観察することが多いです。

こういった親知らずは、意外と骨埴が良いことも多くく、安易に抜歯に取り掛かると、結構抜歯が難しいことが考えられるのです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL