2018年度の学校歯科講演会に行ってきました。

平成28年11月16日(水)の午後3時から午後5時に、京都エミナースにて学校歯科講演会がありました。

対象者としては、西京区内京都府立高校、京都市立小学校、中学校、総合支援学校の学校歯科医、校長、養護教諭等(歯科保健に関係する教諭)で、私は竹の里小学校の学校歯科医として、参加してきました。

内容としては

①「京都における学校歯科の現況

②「子供の歯ならびとかみあわせ、口呼吸について」

についての講演内容でした。

永久歯の生え代わっていく時には、歯ならびやかみあわせが悪くなっていく場合があり、その対処の方法ならびにその影響に関しての講演でした。

実際、学校歯科保健活動は、公衆衛生活動とともに地域保健の大きな柱であり、ライフステージのなかでも重要な時期に長く児童、生徒とかかわれるという特徴があります。

西京歯科医師会の主催で行われたのですが、学校歯科医と養護教諭等の先生方が共に学ぶ機会を設けたいという意義として、講演会を開催しています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL