親知らずは必ず生える?

親知らずについて、今回はお話ししたいともいます。

実際に、親知らずが上下4本全て生えている人は、日本人成人でおよそ半分くらいだそうです。すなわち、親しらずは、誰しも必ず生えるわけではないのです。

しかし古代人の親しらずは、ほぼすべての人に「上下4本の親知らず」は生えていて、合計32本の永久歯が生えていたと考えられています。

これは、古代人の食事は調理の方法も多くなく、硬いものが多かったため、あごの力が必要たっだからといわれています。

人類の発達につれて、火を使った調理方法が多くなり、食事もだんだんと柔らかいものになってきたため、あごの力も必要なくなり、あごも徐々に小さく変化していき、上下32本の歯があごにおさまらなくなり、ついには生えなくなっていったと考えられています。

現代人の永久歯の数は、少なくなっている傾向にあるますが、これは、あごが小さく変化してきたと言い換えることもできますね。

もちろん生え方によっては抜歯の必要がない親知らずもありますが、横向きに生えてきたりする親しらずも結構見かけますね。

たとえ、まっすぐ生えてきても、親知らずはブラッシングが行き届きにくいので、虫歯になりやすいので注意が必要です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL