親知らずのとなりの歯のむし歯

親知らず(第3大臼歯)が斜めに生えてきて、となりの歯(第2大臼歯)の側面にぶつかってしまう場合があります。その場合には、それ以上生えずに途中で止まったままになります。

このような場合、となりの歯(第2大臼歯)がむし歯になりやすくなります。それは、この場所が歯ブラシが届かない所になるので、一所懸命歯みがきしているつもりでも、一年中歯みができていない場所となるからです。

親知らずが全部生えていれば、隣の歯(第二大臼歯)もきちんとみがけますし、あるいは親知らずが全く骨のなかに埋まっている場合は、虫歯の危険性は少ないです。

この写真では、向かって一番左側の歯が親知らずです。
わかりにくいかもしれませんが、となりの歯(第二大臼歯)がむし歯になっているようです。

この写真を見ると親知らずがとなりの歯(第二大臼歯)に隣接している部分に黒い影がありますよね

上の写真は、親知らずを抜歯した後のレントゲン写真です。
親知らずのとなりの歯(第二大臼歯)の横に穴が空いている状態でした。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL