虫歯は伝染する?

『虫歯は伝染する?』のでしょうか?

風邪は、もちろん伝染しますが、実は虫歯も伝染します。

『虫歯は伝染する』ことで、私はいつもする話はあります。

元来、赤ちゃんの口の内には、虫歯の原因となる虫歯菌は存在しません。

その赤ちゃんの口に虫歯ができてしまうのは、両親とのスキンシップによるものなのです。

すなわち、両親とのスキンシップが、虫歯菌の感染経路なのです。

つまり、

①赤ちゃんの口にキスをする、そして家族で箸やスプーンを共有する

②赤ちゃんに食べ物を口移しする

③熱い食べ物をフーフーと冷まして赤ちゃんに与える

このようなスキンシップは通常当たり前にすることですが、このスキンシップで虫歯は感染してしまいます。特に生後1歳半から3歳までは、できるだけ控えることが大切だといわれています。

(ただし、赤ちゃんとの大事なスキンシップになってくるので、とても難しいことですが、、、、)

しかし、この期間虫歯菌の感染経路を遮断できれば、口の中で無害の菌の割合が高くすることが出来ます。すなわち、子供さんの人生の口腔内環境をよくすることが出来ます。

無害な菌の方が多くなるか、虫歯の原因となる悪い菌の方が多くなるかが決まってくるので、とても重要な時期といえます。

できる限り気をつけて、赤ちゃんの健康な歯を作ってあげたいですね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL