虫歯があると宇宙飛行士になれない!

宇宙飛行士は、虫歯があると、宇宙飛行士にはなれないという事をご存知でしょうか?

もちろん、宇宙に行くと、虫歯になっても、治療することはできません。

しかしそれだけの理由ではありません。

宇宙船の外に出るとき、つまり真空の宇宙に出るときには、宇宙服を着ますが、この宇宙服の機能は、酸素を供給することのほかに、気圧を整えてくれる役割があります。

この気圧の変化が、虫歯があると、宇宙飛行士にはなれない理由なのです。

では、虫歯があるとどうなってしまうのでしょうか?

それは、気圧の変化すると、空気が膨張します。そうなると虫歯のある人は、歯の神経が圧迫されて痛みを感じてしまうのです。

虫歯のある人は、飛行機に乗り、高度1万メートルで痛みが出てくることも多いといわれています。

宇宙では、一つ一つの作業が大事故に直結することから、高い集中力が求められます。

だから、虫歯はNGなのですね。

もちろん、治療してあれば、全く問題ないそうですが!!!!

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL