自然治癒 

むし歯でとても痛かったのに、我慢してと、痛みがなくなる場合が時々あります。

こういった場合は、ほとんどの場合、虫歯はとても大きく、大きい穴が開いています。

そして、痛みがなくなったといっても、決して治ったわけではありません。痛みがなくなるのは、大抵の場合、神経(歯髄)が死んでしまったためです。

そして、その状態をそのまま放置しておくと、やがて神経(歯髄)は腐ってしまい、その後膿を持ち、腫れてきます。または、激痛をともなう「根尖病巣」という、むし歯とは全く違う病気へと移行していきます。

痛みがなくなると、自然治癒?と感じてしまうでしょうが、放置しておくと後日大変なシッペ返しに会うこともしばしばです。

歯の神経(歯髄)の炎症も、ごくごく軽度な場合は自然治癒できることもあります。しかし、「痛い」と感じてしまう状態になると、まず回復は無理です。(自然治癒は見込めないということです。)

ちなみに、歯の神経の炎症によって、夜も眠れないほどの痛みの程度は、「にきび」程度の炎症なんだそうです。

しかし、固い歯に囲まれたところでは、ほんのわずかな炎症でも、内圧が上がり、感じ方としては激痛になるようです。

歯医者さんで、治療終了といわれるまで自己判断で勝手に辞めないで、最後まで治療を頑張って続けてくださいね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL