総入れ歯が外れてしまう原因

総入れ歯が外れてしまう原因にはいくつかあります。

部分入れ歯は、歯にバネをかけていますので、外れませんが、総入れ歯はバネがないため、外れやすいのは仕方ないことではありますが・・・

(ただし、部分入れ歯は、その代りにバネをかけた歯には猛烈なストレスをかけてしまいますが。)

多くは歯を失った後の歯茎の部分と入れ歯が密着していないことが原因にあります。

それ以外にも咬み合わせが、がたついているなどもあります。

また、「入れ歯が小さすぎる」「入れ歯が大きすぎる」ということがあります。

 

「入れ歯が小さすぎる」と入れ歯の辺縁から空気が入って、入れ歯の安定がなくなってしまいます。

吸盤を外すときには、吸盤の一部から空気を入れると簡単に外れますね。

入れ歯もこれと同じ原理なんです。

 

「入れ歯が大きすぎる」のは、口元の筋肉の緊張が強い方が多いです。

総入れ歯の方は、元々入れ歯をのせておく歯肉部分が大きく痩せており、また歯肉の土手の部分が「平ら」になっています。開口しようとすると、口元の筋肉に力が入り、この筋肉が入れ歯を外す力となってしまします。

 

つまり、小さすぎても大きすぎてもダメなんです。

 

これって、言葉では簡単ですが、患者さんの口になかは個々多様ですので、実際に現場ではなかなか大変なのが現状です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL