第17 回西京よろし会に行ってきました。

令和元年6月22日の18:30より、第17 回西京よろし会があり、歯科医師会の一員として、参加してきました。

今回は、「生活習慣から考える地域健康づくり」について、早川岳人先生(故早川⼀光先生ご子息)から、講演していただきました。

講師の早川岳人先生は、立命館大学⾐笠総合研究機構地域健康社会学研究センター所長をされており、実際のご自身の親の介護にまつわる体験談をもとに、現在の介護の直面している課題や問題

また、西京よろし会とは、西京区の多職種連携を目指し、

4師(医師、歯科医師、薬剤師、看護師、)

6士(歯科衛生士、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、社会福祉士、介護福祉士)

管理栄養士、行政関係者など地域の連携をスムーズに行うための情報交換会です。

歯科では、なかなか介護関係者とお話しする機会の少なく、とても有意義な時間を過ごすことができました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL