治療後メンテナンス2

治療後メンテナンスのポイントは、治療前と治療後の変化を把握し、再発/悪化をどう防ぐかにかかってきます。

メンテナンス時に診査する項目として、

①歯肉の発赤/腫脹の有無
②プラックコントロールの状態
③歯牙の動揺度
④歯肉からの出血の有無
⑤歯周ポケットの深さ

などがあります。

他にも、フィステルの有無、虫歯の有無、補綴物の状態などがあります。

そして、この診査結果(データ)をいかに読んでいくかが、施術内容を決定する重要なポイントです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL