永久歯の先天性欠如

永久歯の先天性欠如が、10人に1人の子どもに”足りない歯”があるってことをご存知でしょうか?

永久歯の先天性欠如の有無を確認するのは、実はとても簡単です。

7歳までに歯科医院(一般歯科、矯正歯科)を受診してください。そして、パノラマエックス線写真で確認するよう提案しています。

パノラマエックス線写真は口の中全体を1枚のエックス線写真で撮影する方法なので、あごの骨全体を簡単に撮影できます。

そしてもし、先天性欠如が見つかったら、長期的な治療計画(対処法)を立ててもらってください。

考えられる計画としては、乳歯をできるだけ抜かずに、長く保存しましょう。そして抜けてしまった後はブリッジやインプラントで永久歯のない部分を補うことになると思います。

そして、その治療計画と同時に、治療を行う最適な時期やその時期までの注意事項なども、きちんと教えてもらっておいてください。

歯並びや咬み合わせに問題が生じることが多いので、こういったことを理解したうえで、残っている乳歯を永久歯の代行歯として大切に使いながら、管理を続けることが大切なのです。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL