歯科治療の中断

歯科治療を途中で中断してしまうとどうなってしまうのでしょうか?

中断したところによって、様々な問題が出てきます。

虫歯を削り、型取りをした段階で治療中断のケースです。

このようなケースでは、仮詰めの状態が長く続くことになります。

そうすると気付かぬうちに歯が欠けてしまうことが多く、せっかく型取りして作製したものが合わなくなってしまい、また歯を削り直して型取りするようになってしまいます。また、仮詰めの状態ということは、チキンとついていないということなので、間隙に虫歯菌が入って行ってしまい、再度虫歯になってしまうこともあります。

また歯の神経を取る治療中断をしてしまうと、せっかくきれいにした歯の管に虫歯菌が入り込み、最初から根の再治療をしなければならなくなります。このようなケースでは、神経がない歯になるので、虫歯菌が入り込んでも、ほぼ痛みが出ません。それゆえに知らず知らずのあいだに、虫歯が大きく進行し、歯の根の先の方まで菌で侵されてしまうことが結構あります。

こうなってしまうと歯を抜くしか治療法がありません。そんな事にならないためにもきちんと最後まで治療を受けてほしいと思います。またもし治療を中断しなければならない時もあると思います。そういった時には、必ず担当医に伝えて下さい。中断する理由、期間がわかれば、それに合わた治療もできます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL