歯は人間の体の中で最も硬い部位?

「人間の体の中で最も硬い部位は歯」ということは、結構ご存知だと思います。実際どれくらい硬いのでしょうか?

硬さを表す指標にいろいろなものがありますが、今回はモース硬度という単位でお話したいと思います。

モース硬度とは、物の硬さを10段階ではかる単位で、この硬さの単位は、宝石などをで表記する際に使われることが多いですね。

以下に、いろいろな硬い物質を表記します。

モース硬度1:チョーク、滑石

モース硬度2:岩塩、石膏(ギプス)

モース硬度3:方解石、サンゴ

モース硬度4:鉄、パール、蛍石

モース硬度5:骨、ガラス、燐灰石(アパタイト)

モース硬度6:正長石、オパール

モース硬度7:歯、水晶(石英)

モース硬度8:エメラルド、黄玉(トパーズ)

モース硬度9:コランダム、鋼玉(ルビー,サファイア)

モース硬度10:ダイヤモンド

やはり体の中では歯が1番硬いですね。

モース硬度2.5:爪

モース硬度3.5:銅製硬貨

モース硬度4.5:木工用の釘

モース硬度5.5:ナイフの刃

モース硬度7:歯

歯のモース硬度は10段階のうち7なので、かなり硬い部類だと言えますね!

歯と同じ硬さ同じ硬さのものには、水晶(石英)があります。

歯医者さんで歯科治療の際、歯を削りますが、その時には人工ダイヤモンドを使って歯を削ります。ダイヤモンドは、硬度10なので、硬い歯も簡単に削れます。!!

歯はとても硬いことが理解していただいたと思います。ただし歯には弱点があります。その弱点ですが、酸にとても弱いんです。

虫歯菌は、歯垢が残った状態のままになると、砂糖を栄養源にして酸を作りだします。そしてその酸が歯の表面を脱灰させ、溶かして穴があくのが虫歯です。

つまり、歯はとても硬く組織ですが、酸には弱いという弱点があり、お口の中の虫歯菌によりさんが作られると穴が開いてしまいます。

硬い=強い ではありません!!!

いつもお話ししていますが、強くて健康な歯を長持ちさせるには、毎日のブラッシングが必要不可欠なんです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL