歯ぎしり

■朝起きたら、顎がいたい…
■なんだか昔に比べて歯が摩り減っている気がする…

このような症状が見られた場合は、歯ぎしりによるものだと考えられます。

歯ぎしりの原因

①歯の噛み合わせの問題・・・混合歯列期の子供の場合、乳歯・永久歯が混在しているため、噛みあわせを合わせるために歯ぎしりするときがあります。
②ストレス・緊張・不安
③習慣や癖
④薬などの副作用
⑤病気の影響
この5つが歯ぎしりの主な原因といわれています。

歯ぎしりを治す方法

実際に歯ぎしりを治すためには、原因を探す必要があります。
また解決しても癖になってしまっていたら歯ぎしりは止まりません。

睡眠中の意識の無い時間にしてるので、完全に治る方法はありません。

マウスピースで症状を和らげることが最大の治療となります!

マウスピースは皆さんご存知ですよね?
よくボクサーの方が試合中につけているあれです。
それを睡眠中につけるんです。

歯科医院であなたに合ったマウスピースを作ることができます。

最初は慣れないものですが、回数を重ねると気にならなくなります。
歯が削られなくなるので、重宝してますよ!!

大切な歯を守りましょう!

歯は怪我と違って、再生することがないのです。
一度削れてしまうともう元には治らないんです。

健康に歯を保つためにも、歯ぎしりがヒドイ場合はマウスピースを作ってみてくださいね!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL