歯が折れたら?

歯が折れら、どうしたらよいのでしょうか?

先日ですが、転んで前歯が折れてしまった小学生の子供さんが来院されました。

走っているときに転んで前歯が欠けた、壁に前歯をぶつけて前歯が欠けた、など。。。さかの歯科にも駆け込んでくる子どもが増えています。小学生のうちに永久歯を失ってしまうのはとても悲しく不幸なことです。

また、子どもの歯も骨も、ひと昔に比べて、確実にもろくなっていて、物を食べている最中に突然折れてしまったという例もあるそうです。

歯に亀裂が入ったり、縦に割れてしまった場合は、歯科用接着剤(接着性レジン)でそれぞれを張りあわせる「接着法」で修復する方法があります。また、完全に抜けてしまった歯に関しては、や一度抜いた歯を再び植え込む「再植法」があります。

なかなか完全に元通りに修復することは難しいことも多いのですが、自然の歯を守るための技術が日々考案されてします。

歯が欠けた、歯が抜けたからと、諦めないで、すぐに歯科医院に駆けてつけましょう。

もちろんその損傷の程度にもよりますが、できるだけ歯髄も残し、歯を抜かずに元にもどるよう最善を尽くします。

抜け落ちてしまった歯の緊急処置は、汚れがあっても決して水道の水では洗ったらいけません。汚れなどあってもいいので、元の歯の穴に戻してください。

それが無理な時は、歯を口の中に入れるか、牛乳の中に入れてできるだけ早く歯科医院においでください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL