正常と異常の狭間で

日常生活には支障はないけれども、なんとなく違和感を感じる。冷たいものがしみる。

レントゲンでも問題なし。虫歯はなし。
咬合時痛もなければ、歯肉の状態も問題なし。

こんな方が、時々いらっしゃいます。
中には、歯科医院を数軒回ってきた方も。

様々な診査をして調べますが、「これっ」という解決策が見当たらない。
冷たいものがしみると言われても、それほど強くもなく、抜髄(神経を取る処置)するのも、もったいないし。
もしかすると、抜髄することで、咬めない症状にかわるかもしれないし。

で、結局お決まりの「経過観察」。

毎回、しみる度合いを計り、歯肉の状態やブラッシングの状態、生活パターンや咬合の状態をチェックします。

でも、変化がなく、いたずらに時間だけが経っていく。

ただ、こういう症状を訴える患者さんとお話していると、白黒ハッキリ決着をつけたいと思っている傾向があるように感じます。

例えば、肩こりや腰痛などのように、治療したらちゃんと治るというものではなく、なんとなく付き合っていかなければならない症状は沢山あるのに、歯科だけには解決を求められる。

しかし、歯科の領域でも、その症状と折り合いをつけて、付き合っていくべきものは、沢山あります。
健康な状態とは言えないまでも、加療が必要とも言えない。

特に、歯科の加療と言えば、歯を削ったり、神経を取ったりと、歯の延命という視点から見れば、マイナスのことが多いので、なおさらです。

本当は、ささっとやって、スッキリさせて差し上げたい。

そう思ってはいるのですが・・・・。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL