春の竹の里小学校の歯科検診に行ってきました。

 

竹の里小学校の春の歯科検診に、院長とスタッフ2名の合計4名で行ってきました。
私(副院長)は3年生から、院長は6年生から順番に、歯科検診をしました。
今年の全校生徒の児童数は、207人でした。
春の歯科検診では、毎年のことなのですが、虫歯や歯肉炎もなく、歯並びが良い6年生の児童を、『良い歯の児童・生徒表彰』に推薦するのですが、今年は、6年生の51名の児童のうち、5名を推薦することになりました。
週1回のフッ素洗口と、養護先生の熱心な歯磨き指導のおかげで、.以前と比べて、虫歯や歯肉炎の子供さんが本当に少なくなりましたね。
学校歯科医としても、うれしい限りですね。
でもまだまだ、虫歯や歯肉炎を持った子供さんがいるので、予防の重要性を訴えていけねばなりませんね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL