平成30年度合同地域ケア会議に行ってきました。

11月30日の14:00から、洛西総合庁舎にて、地域ケア会議に行ってきました。

高齢者が住み慣れた地域での生活を継続できるよう支える「地域包括ケア」の考えの基、医療関係者、福祉関係者、介護関係者において、様々な活動がなされています。

洛西地区においては、高齢者人口の増加などにより、地域課題に向けて多面的な環境整備の体制を求める声が上がっています。

今回、地域包括ケアの構築を見据えて、継続した取り組みとして、地域課題の検討を実施するため、4学区合同(桂坂、大枝、新林、福西)の地域ケア会議が開催されました。

私は、歯科医師会の代表として、参加してきました。

様々な職種の方が集まり、高齢化社会が深刻な洛西地域の現状がわかり、「京都市長寿すこやかプラン」の説明も受けてきました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL