口から食べると元気になる 

要介護者のADLには、口から食べることができるかどうか重要な要素となっています。

経管栄養だった人が、口から食べるようになると加速度的に元気になり、全身の回復が早まります。

もちろんこれは、栄養が十分に摂取できることも大きな要因です。ただし、それだけではありません。咀嚼して自ら食べると行為が脳の刺激をします。そして脳が活性化されます。

つまり、目で食べ物を見て、食べ物の匂いをかいで、食べ物を噛んで、顎を動かして、舌で食塊を作り、そして嚥下する、この行為自体が異常に重要で、脳への刺激となって全身の回復を早めるのです。

ここで重要になることはことは、口から栄養が摂れなかった期間はおそらく義歯を長期に外していることになっていると思います。そうすると義歯が合わなくなる場合が結構多いです。

せっかく口から栄養を摂れるようになれば、義歯を修理するか、新製することが必要になります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL