受動喫煙の影響

受動喫煙の影響を考えたことはありますか?

体に良くないと言われていますが、お口の中への影響はどうでしょうか?

最近の研究では、タバコを吸う家庭のお子さんには、むし歯が多くなっている傾向があります。

例えば、3歳になるまでにむし歯ができるリスクとなると、タバコを吸う家庭のお子さんほうが、2.14倍になっていると研究結果があります。

また、父親の喫煙より母親の喫煙が、むし歯ができるリスク(影響)が大きいといわれています。

それは、母親は子どもと接する時間が、父親より長い傾向があること、そして母乳などを通じてタバコの有害物質が子どもに運ばれた可能性があると考えられます。

また、なぜタバコを吸う家庭のお子さんにむし歯が多くなる傾向があるのでしょうか?

①受動喫煙により、お子さんの免疫力が低下してしまい、むし歯菌に感染しやすくなる。

②親の口の中には、タバコの刺激によりむし歯菌が悪玉化し、一緒に生活しているので、悪玉化したむし歯菌がお子さんに移ってしまう。

などが考えられます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL